相続放棄|大阪本町司法書士

大阪本町相続遺言手続安心サポートセンター|司法書士
大阪メトロ本町駅9番出口徒歩4分、
堺筋本町駅8番出口徒歩2分
電話番号
メールでのご相談

相続放棄

相続放棄

相続放棄とは、被相続人のプラスの財産だけでなく、マイナスの財産もすべて相続しないという手続きです。
相続が開始した場合、法定代理人が法定相続分にしたがって遺産を相続することになります。
その遺産が不動産や預貯金等のプラスの財産だけであればいいのですが、借金等のマイナスの財産も当然に相続します。
この場合、マイナスの財産よりもプラスの財産の方が多ければ問題になることはあまりないのですが、
マイナスの財産の方が多い場合はご自身の財産から被相続人の債務を支払っていかなければなりません。
そのようなマイナスの財産が多い場合、「相続の開始を知った後3ヶ月以内」に家庭裁判所へ申述することにより、
すべて相続しないとすることができます。


相続放棄のメリット

□ 負債を相続せずに済む
  被相続人に借金や事故等の損害賠償債務がある場合や、知り合いの連帯保証人になっている場合、
 
相続人がその返済をしていかなければいけませんが、相続放棄をすることにより、
 
そのような責任を負う必要がなくなります。

□ 特定の相続人に遺産を集中させることができる
  相続放棄をすることにより、他の相続人の相続分が増えるため、遺産を相続する相続人以外の相続人が
 
相続放棄をすることにより、遺産を集中させることができます。
  遺産を集中させる方法として、遺産分割協議によって特定の相続人がすべて相続するとの協議も可能ですが、
 
後日被相続人に借金等の負債があった場合には遺産分割協議により遺産を相続しないとした相続人も
 
その負債を相続することになります。
  そのような後日の問題を防ぐためにも何も相続しない相続人は相続放棄をすることで遺産相続から解放されます。

□ 遺産分割協議に参加しなくて済む
  被相続人と不仲だったり、離婚等により疎遠になっていたため関わりたくない場合も相続放棄をすることで
 
相続人ではなくなるので、面倒な遺産分割協議に参加しなくてもよくなります。


相続放棄のデメリット

□ プラスの財産が相続できない
  遺産の中に居住している不動産がある場合には、相続放棄をすることにより相続人ではなくなるので、
 
家を出ていかなければならなくなる可能性があります。
  また、先祖代々引き継いでいる財産も一切受け取ることが出来なくなります。
  他の相続人が相続することによりこのような遺産を守ることも可能ですが、相続人が自分一人の場合や、
 
全員が相続放棄をした場合、最終的に国のものになってしまいます。


サービス費用

サポート 内容 料金
相続放棄申述書作成 相続放棄申述書作成、家庭裁判所への提出
照会書の記入支援
相続放棄受理証明書の取り寄せ
50,000円~
相続の承認又は
放棄の期間の伸長
相続の承認又は放棄の期間の伸長
申述書作成、家庭裁判所への提出
40,000円

※必要に応じて、債権者への通知、次順位相続人へのお知らせをいたします。
※3ヶ月経過後の相続放棄については、別途見積いたします。


ご依頼からお手続き完了までの流れ

①
お問い合わせ・ご相談
ご事情をじっくり聞き取りいたします。
②
費用のお見積り
費用にご納得いただいたうえでご依頼いただきます。
③

お聞きした内容をもとに、相続放棄申述書を作成いたします。
④
家庭裁判所へ申述書を提出します。
遠方の場合には郵送の方法により提出します。
⑤
家庭裁判所から照会書が郵便で届きます。
事案により、照会書が省略される場合もあります。
⑥
相続放棄が認められた場合、
家庭裁判所から相続放棄受理通知書が郵便で届きます。
⑦

家庭裁判所で相続放棄受理証明書を取得し、完了書類をお返します。
⑧
手続き完了後も安心サポート
手続き完了後も、ご不明点等ございましたらご遠慮なくお問い合わせください。

電話番号

メールでのご相談

無料相談実施中

当事務所が選ばれる理由
相談の流れ
相続発生後のタイムスケジュール
料金表


生前対策をお考えの方
遺言書作成
生前贈与

相続発生後の方
不動産の名義変更(相続登記)
預貯金の解約
相続放棄
遺産承継業務

トップ
解決事例
事務所紹介
アクセスマップ
対応エリア
お問い合わせ